仮想通貨は「金融庁無登録」「みなし業者」の業者は絶対にNG!取引している取引所を確認しよう!

金融庁

2018年に入り、価格の「大幅下落」と「コインチェック事件」などにより、仮想通貨はかつての勢いは何処へ行ったやら?となっています。

しかし、2017年の急上昇が異常な相場で、仮想通貨の歴史はまだ始まったばかり。

教訓を活かして法整備をさらに整え、システム的な問題をクリアすることで、一般的な金融商品として普及し、近い将来には健全なマーケットが構築されるはずです。

仮想通貨の価格の下落については、投資する以上受け入れるしか術はありませんが、怪しい儲け話に乗っかったり、著名人やセミナーなどのオススメ話を鵜呑みにしたりしないよう、自己防衛をしっかり行う必要があります。

まず初めに確認したいのが、自分が取引している仮想通貨取引所の信頼性と健全性

コインチェックの件では同社で口座を開設している人は、盗まれたネムの保有者以外も、取引や出金ができなくなったりと大きな影響を受けました。

ここでは金融庁への「無登録業者」と「みなし業者」について、分かりやすく解説をしてみました。

金融庁へ「無登録」の業者は詐欺の可能性大!

仮想通貨セキュリティ

日本においては、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の取引サービスを提供する取引所(正式名称は仮想通貨交換業者)は、金融庁・財務局へ登録しなければ営業活動を行うことはできません。

これは、2017年4月に施行された「改正資金決済法」によるもので、登録の際には資本金の額、顧客財産の分別管理体制など多くの審査項目をクリアする必要があります。

もし金融当局へ無登録で営業を行なった場合には罰として3年以下の懲役、300万円以下の罰金、またはこの両方が科されることになります。

bitFlyerZaifなどの仮想通貨取引所だけでなく、仮想通貨の投資の営業や勧誘を行う業者にもこの改正資金決済法は適用されます。

つまり、無登録業者が投資セミナーやWeb上で、参加者に対して仮想通貨の取引や購入を勧めた場合は法律違反ということに。

最近は、ICO(仮想通貨による資金調達)や海外の仮想通貨関連ビジネスを手がける企業への投資話、LINEやtwitterなどのSNSなどを窓口にセミナーへ集客し詐欺を行う業者が多いので注意しましょう。

「今投資をすると1年で20倍に!」「私は〇〇に投資した結果、豪邸が建った」といった話は当たり前ですが、ほぼ100%嘘です。

騙す方も「騙しのプロ」です。

話巧みに誘ってくるので、そんな話には一切乗らないための基本的な知識を身につけましょう。

仮想通貨「みなし業者」での取引は避けた方が良い

コインチェック

仮想通貨取引所「コインチェック」が日本円で580億円相当にも及ぶネム(XEM)をハッキングにより奪われた事件は、仮想通貨業界のみならず、連日メディアにも大きく扱われ社会問題となりました。

事件を受けて仮想通貨の売り圧力が高まり、大きく値を下げていた仮想通貨に追い打ちをかけ、その影響は仮想通貨のマーケットにも。

コインチェックは仮想通貨の大手取引所として有名でしたが、実は金融庁へ登録はされておらず「みなし業者」という扱いでした。

みなし業者とは、改正資金決済法が施行される2017年4月より前に営業を開始している業者で、本来であれば2017年9月までに金融庁へ登録される必要があるのですが、何らかの理由により当局から認可されず、未登録の業者のことです。

みなし業者については「特例」として営業自体は認められていますが、金融庁では今後一定の期間内に基準を満たさない場合は、登録を拒否する方針です。

そうなると当然、取引所サービスを顧客に提供することはできず、資産を預けている顧客は不利益を被ることになるので、みなし業者での取引は避ける方が賢明です。

以下のみなし業者で取引をしている方は、保有している仮想通貨を決済し出金するか、金融庁登録済みの業者へ仮想通貨を送金することを強くオススメします。

仮想通貨「みなし業者」

  • みんなのビットコイン
  • コインチェック
  • ペイワードジャパン
  • バイクリメンツ
  • キャンプファイヤー
  • 東京ゲートウェイ
  • LastRoots
  • deBit
  • FSHO
  • 来夢
  • ビットステーション
  • ブルードリームジャパン
  • ミスターエクスチェンジ
  • BMEX
  • ビットエクスプレス

これらの取引所で取引している方は以下の金融庁登録済みの業者での取引を検討してみてください。

金融庁に登録済みの仮想通貨取引所

金融庁

以下に金融庁に登録済みの仮想通貨取引所サービスを提供している業者をご紹介します。

bitFlyer

Zaif

DMM Bitcoin

GMOコイン

ビットトレード

QUOINEX

bitbank

ビットポイント

Btcbox

フィスコ仮想通貨取引所

Bitgate

この中で最大手なのが、CMでもお馴染みのbitFlyerです。口座数、取引高、資本金で国内No.1で、ビットコインは国内で最も手数料が安く取引できます。

同じく大手のZaifはビットコインだけでなく、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の手数料が非常に安いことから特に頻繁に取引する投資家に人気です。取引コストを重視する方Zaifがオススメです。

2018年1月にサービスを開始したDMM Bitcoinはビットコインだけでなく、人気のリップル、イーサリアム、ネムも取り扱っており、さらに口座を開設するだけで1,000円もらえるキャンペーンを実施中、口座開設が殺到しているとのことで、1,000円が欲しい方は早めにDMM Bitcoinに申し込むと良いでしょう。

FXで世界NO.1の取引量を誇るGMOグループが提供するGMOコインは取引ツールが使いやすく、初心者にオススメの取引所です。入出金手数料が無料というのも魅力的です。

仮想通貨の取引においてはシステムトラブルなどで、取引できないリスクもあるので、複数の取引所でリスクを分散して取引するのがオススメです。

bitFlyerZaifを軸に、DMM BitcoinGMOコインbitbankなども検討し、複数の口座を試しで開設してみて、実際に使用して使いやすい取引所で入金・取引するのが良いでしょう。

最後に、仮想通貨への投資は「余裕資金」で「金融庁登録済の業者」で!

投資の成功をお祈りしています!

【4月最新】金融庁に登録済の「仮想通貨取引所!」おすすめの取引所と手数料、取扱通貨一覧

2018.02.06