DMM Bitcoinで口座登録してみた!2018年1月11日取引サービス開始!

DMM Bitcoin

2018年1月11日、DMMが仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」の取引サービスを開始しました。

早速、DMM Bitcoinにて口座開設の手続きを行なってみたので、ここでは口座登録方法を詳しく解説します。

なお、DMM Bitcoinでは「リリース記念キャンペーン」と題し口座開設を完了した方に1,000円をプレゼントするキャンペーンを行っています。

ぜひ以下を参考に手続きしてみてください。

DMM Bitcoinでの口座登録方法

メールアドレスを入力する

DMM Bitcoin1

DMM Bitcoinにアクセスし、「まずはメール登録」をクリックします。

そして、メールアドレスを入力し、「送信する」ボタンをクリックします。

すると、すぐにDMM Bitcoinよりメールが届くので、メール文中のリンクをクリックしてください。

パスワードを登録

DMM Bitcoin2

8〜20文字の半角英数字と記号のパスワードを登録し、送信します。

これにて「仮登録」が完了となります。

ログインする

DMM Bitcoin3

登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

本登録を行う

DMM Bitcoin4

ログインすると、マイページが表示され、実際の取引画面などを閲覧することができます。しかし、この仮登録状態では入出金や取引を行うことはできません。

そこで、本登録を行いましょう。

画面左上の「こちらから本登録をおこなってください」をクリックします。

書面を確認、お客様情報を入力

DMM Bitcoin5

契約締結前書面を確認し、間違いがないよう名前、住所などを入力し、最後に「確認画面へ」をクリックします。

すると、次に確認画面が表示されるので、内容を確認し「申し込む」をクリックします。

本人確認書類アップロード

DMM Bitcoin6

運転免許証、パスポート、住民台帳基本カードなどの本人確認書類をアップロードします。

用意する本人確認書類は写真付き本人確認書類の場合は1点、顔写真なし本人確認書類の場合は2点となります。

画像は鮮明か?端が切れていないか?有効期限内か?裏面に記載がある場合は裏面もUPしたか?などを確認し、本人確認書類をアップロードし「登録する」をクリックします。

携帯電話番号認証

DMM Bitcoin7

登録した携帯番号の認証を行います。

「コードを発行する」をクリックすると、登録した携帯に6桁のコードが送信されるので、確認後に入力し、「認証する」をクリックします。

口座開設の登録手続きが完了

DMM Bitcoin8

これにて口座開設の登録手続きが完了です。

DMM Bitcoinにて口座開設審査が行われ、審査完了後に登録した住所へ郵送物が送付され、郵送物に記載の認証コードを入力すると口座開設手続き完了となります。

申し込んでから3営業日後に書類が到着

DMM Bitcoin9

サービス開始当日に申し込んだため、申し込み殺到で口座開設に時間を要すると思ったものの、申し込みをしてから3営業日後に書類が自宅に郵送されました。

書類に記載されている認証コードを入力すると口座開設手続き完了。

早速、入金をして取引したいと思います。

DMMはDMM FXにてドル円のスプレッドを0.3銭で提供、GMOクリック証券とコストや取引量で競い、今やこの2つの会社がFXの取引量にておいては世界No.1の座を争っています。

GMOは2017年5月にGMOコインにて仮想通貨サービスをスタート済み。

DMM Bitcoinはやや遅れはしましたが、証券やFXなどで実績を残した大手が新たに仮想通貨取引所ビジネスに参入し、業者がサービス内容を競うことでコスト面や取引ツールなどのサービスが向上し、取引環境の向上が期待されます。

仮想通貨取引所

【4月最新】金融庁に登録済の「仮想通貨取引所!」おすすめの取引所と手数料、取扱通貨一覧

2018年2月6日