仮想通貨取引所「Zaif」のサービスまとめ!メリット・デメリットは?

「ビットコインの取引手数料がマイナス0.01%」「信用取引やFX、積立も可能」「ネムやモナコインの取引ができる」「取扱通貨ペアが多い」などの理由により人気の大手仮想通貨取引所「Zaif」。

さらにZaifを運営するテックビューロ株式会社は仮想通貨交換業者として、金融当局にも登録済み(近畿財務局長第2号)で信頼性も高いことから、Zaifで口座開設をしてみました。

ここではZaifのサービス内容、特徴だけでなく使用してみて感じたメリット・デメリット等も記載しています。

ぜひ参考にしてみてください。

Zaifを運営しているテックビューロ社について

Zaifは仮想通貨取引所としての名称で、テックビューロ株式会社がサービスを運営しています。

本社は大阪にあり、資本金は8億3,013万円、社長である朝山貴生さんはtwitter(@TakaoAsayama)でも有益な情報を提供しているのでフォローすることをオススメします。

テックビューロはZaifの運営だけでなくブロックチェーン技術を活用したフィンテック関連のビジネスを手掛けています。

その中でも仮想通貨による資金調達(ICO)プラットフォームである「COMSA(コムサ)」とブロックチェーンのプラットフォームである「mijin(ミジン)」が主なサービスです。

COMSA(コムサ)とは?

mijin(ミジン)とは?

Zaifの取引手数料と取扱通貨ペア

zaif1
これは実際のZaifのBTC/JPY(ビットコイン/円)の板画面です。

Zaifの場合、板に注文を並べる際の手数料を「maker手数料」、並んだ注文が約定する際の手数料を「taker手数料」という呼び方をします。

一番人気のビットコイン現物取引における手数料は

  • maker手数料 -0.05%
  • taker手数料 -0.01%

となっています。つまり取引をする毎に手数料を「受け取る」ということに。

手数料は通貨ペア毎に異なりますが、ほとんどの通貨においてmaker手数料は0%、taker手数料は0.1%となります。

取扱通貨ペアと手数料の詳細は以下の通りです。

通貨ペア maker手数料 taker手数料
BTC/JPY -0.05% -0.01%
XEM/JPY 0% 0.1%
XEM/BTC 0% 0.1%
MONA/JPY 0% 0.1%
MONA/BTC 0% 0.1%
BCH/JPY 0% 0.3%
BCH/BTC 0% 0.3%
ETH/JPY 0% 0.1%
ETH/BTC 0% 0.1%
ZAIF/JPY 0% 0.1%
ZAIF/BTC 0% 0.1%
XCP/JPY 0% 0.1%
XCP/BTC 0% 0.1%
BCY/JPY 0% 0.1%
BCY/BTC 0% 0.1%
SJCX/JPY 0% 0.1%
SJCX/BTC 0% 0.1%
FSCC/JPY 0% 0.1%
FSCC/BTC 0% 0.1%
PEPECASH/JPY 0% 0.01%
PEPECASH/BTC 0% 0.01%
CICC/JPY 0% 0.1%
CICC/BTC 0% 0.1%
NCXC/JPY 0% 0.1%
NCXC/BTC 0% 0.1%
CMS:XEM/JPY 0% 0.1%
CMS:ETH/JPY 0% 0.1%

なお、Zaifでは信用取引、FX取引、先物取引も取り扱っていますが、全てにおいて取引手数料は無料、金利に相当する借入手数料は1日あたり0.039%となっています。

また口座登録/開設や口座維持手数料はかかりません。

この時点でこのサービスいい!と思う方はZaif公式HPより口座開設を行ってみてください。

Zaif入出金手数料

入金手数料
入金方法 手数料
銀行からの入金 顧客負担
コンビニ入金(3万円未満) 486円
コンビニ入金(3万円以上) 594円
ペイジー入金(3万円未満) 486円
ペイジー入金(3万円以上) 594円
出金/送金手数料
出金方法 手数料
銀行への出金(50万円未満) 350円
銀行への出金(50万円以上) 756円
BTC送金 0.0001BTC以上選択可
XEM送金 2XEM〜
MONA送金 0.001MONA
Counterparty送金 0.00420BTC
BCH送金 0.001BCH
ETH送金 0.01ETH
CMS:XEM送金 5XEM〜
CMS:ETH送金 0.01ETH〜

銀行からZaifの口座に入金する場合は、銀行が指定する振込手数料がかかり、出金の際は50万円未満は350円、50万円以上は756円負担する必要があります。

Zaifのメリット・デメリット

zaif2

Zaifの「メリット」

  • 取引コストが安い
  • 板が厚い
  • 取扱通貨ペアが多い
  • 信用取引が可能(最大7.7倍)
  • FX取引ができる(最大25倍)
  • Zaifコイン積立ができる

最大のメリットは取引量が多いため板が厚く、売値と買値の差(スプレッド)が狭いため、取引コストが安い点です。

取引手数料は0円(またはマイナス)のため、実質的に顧客が負担するのはこのスプレッド分のみ。

日本の仮想通貨取引所で最もコストが安いのがZaifです。コストを重要視する方はZaifでの口座開設は必須です。

また、上級者向けのサービスである信用やFX取引ができる点も人気の要因となっています。

レバレッジを効かせることにより、実際の投資金額よりも多くの金額分の取引が可能で、資金効率よく取引できます。株の信用取引やFXの経験がある方は活用してみてください。

中長期的に投資をしたいという方はZaifのコイン積立がオススメです。

毎月、自分の銀行口座から設定した金額が自動で引き落とされ、指定の仮想通貨を購入するサービスで、時間を分散させることにより「ドル・コスト平均法」のメリットを享受することができます。

Zaifの「デメリット」

  • サーバーが重くなることがある
  • 取引画面が分かりづらい
  • 即時入金サービスがない

大きなイベントがありアクセスが集中した時に、サーバーが落ちてログインできないことがありました。今後サーバーを増強するなり強化をして欲しいところです。

また、メールでのお問い合わせフォームはありますが、初心者の方にとって必須の電話サポートがないのもマイナス点です。

取引画面については、人により意見が異なると思いますが、個人的には画面が複雑で分かりづらい印象です。

株やFXの取引経験者であれば問題ありませんが、もう少しシンプルが画面構成にした方がよいでしょう。

Zaifの信用取引について

zaif3

Zaifでは現物取引だけでなく、仮想通貨の信用取引を行うことができます。

取引の担保として利用できるのは、日本円だけでなく、ビットコインやXEM、MONAの建玉を担保とすることもできます。

レバレッジは最大7.7倍、取引できる通貨ペアはBTC/JPYMONA/JPYの2つです。

10万円の日本円で、最大77万円分の仮想通貨の取引を行うことができます。

信用取引のため、上昇局面だけでなく、下落局面でも「売り」から取引することにより利益を狙うことが可能です。

取引手数料は無料で、借入手数料として1日0.039%を支払う必要があります。

追証はありませんが、証拠金維持率が30%を下回った時点で強制的にロスカットされ、ポジションが決済されるため、ハイレバレッジで取引をする際には自分で損切りをするなど管理が必要です。

中長期的な投資には向いていませんが、相場が急変している時などのデイトレの手段として活用してみてください。

ZaifのFX「ビットコインAir FX」について

zaif4

「 信用取引では物足りない!」という方は、この「Air FX」での取引を検討してみてください。

取引できる通貨ペアはBTC/JPYのみですが、レバレッジは最大で25倍、つまり10万円で250万円分相当のビットコインの取引を行うことが可能です。

取引手数料は無料、日次手数料として建玉金額の0.039%を支払う必要があります。

建玉が100万円の場合、手数料は390円/円となるため、基本はデイトレのみで取引した方がよいでしょう。

信用取引同様に追証はなく、維持率が30%を下回るとロスカットにより全て強制決済となります。

FX取引経験者の方でビットコインでデイトレをしたいという方にオススメです。

「ZAifコイン積立」について

zaif5

仮想通貨を毎月コツコツと積立て投資をしたいという方にオススメなのがこの「Zaifコイン積立」です。

毎月自分の銀行口座から指定した金額が自動で引き落とされ、BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、XEM(ネム)、ETH(イーサリアム)のいずれかに投資を行うことができます。

銀行口座の引き落としと積立のタイミングは、毎月27日に引き落しが行われ、翌月10日~翌々月9日までの間、1日毎に指定した仮想通貨を自動で購入します。

積立は「ドル・コスト平均法」と呼ばれる投資手法の一種となり、値段に関わらず一定の金額で定期的に買い付けを行うため、価格が下がったときは安く多くの量を、価格が上がったときは高値づかみを避けて少ない量を買うことが可能となります。

毎月の積立額を10,000円とした場合、毎月27日に金融機関より10,250円(手数料2.5%含)が引き落され、翌月10日〜翌々月9日までの間に日割りで買い付けが行われます。

中長期的に仮想通貨の価格が上昇すると予想、さらになるべくリスクを抑えたいという方はぜひZaifのコイン積立を検討してみてください。

毎月の積立額と手数料は以下の通りとなります。

積立金額 手数料
1,000円~2,000円 一律100円
3,000円~9,000円 3.5%
10,000円~29,000円 2.5%
30,000円~49,000円 2.0%
50,000円以上 1.5%

「Zaif」の口座登録・開設手順

ここではZaifでの口座開設の方法をご紹介をします。

「Zaifに口座開設の申し込みが殺到し、開設まで2週間も待たされた」「Zaifに本人確認書類を送って1週間たったけどまだ開設できていない、遅い!」

このような情報がネットで流れていますが、私の場合は、申し込んだ日から3日後に「本人確認コード」が記載された書類が自宅に届き、取引できるようになりました。

Zaifのトップページから「無料登録はコチラ」をクリック

zaif6

Zaifのトップページにアクセスして「無料登録はコチラ」をクリックします。

Zaifの会員登録画面からメールアドレスを登録する

zaif7

次にメールアドレスを登録します。登録後すぐにメールが届くので、リンクをクリックします。

「利用規約」「重要事項説明」を確認、パスワードを登録

zaif8

メールに記載されているリンクをクリックすると、ユーザー登録画面が表示されます。

「利用規約」と「重要事項説明」をクリックして、それぞれのチェックボックスにチェックを入れ、パスワードを入力します。

利用規約と重要事項説明はクリックしないと、チェックボックスにチェックを入れることができないので、クリックしてしっかり読むようにしましょう。

Zaifにログインをする

zaif9

次にZaifに登録したメールアドレスとパスワードでログインをします。

Zaifの取引画面が表示されます

zaif10

ログイン後の画面で「取引所はコチラ」をクリックすると、上記の取引画面が表示され、実際のビットコインの価格などを確認することができます。

この時点で「会員登録」は終了ですが、「口座開設」は終わっていないため、取引することはできません。

次に本人確認書類などを提出して、口座開設を進めます。

「本人確認が完了していません」をクリック

zaif11

ログイン後画面の「本人確認が完了していません」をクリックします。

「ユーザー登録情報」を入力

zaif12

ユーザー情報登録画面にて、名前や生年月日、郵便番号、住所等を入力します。

なお一番下「外国PEPsに該当しますか?」の問いに対しては「いいえ」を選択します。外国PEPsとは外国の大臣や中央銀行の役員などの要職の方のことです。

入力内容を間違えると、口座開設不備となり余計な手間暇がかかるので、内容が正しいかしっかり確認を行いましょう。

携帯電話番号を登録する

zaif13

ショートメールを受信することができる携帯番号を登録します。

「次へ」をクリックしすると携帯(スマホ)に認証コードが送信されます。そして、表示される認証コード入力画面にて送信された認証コードを入力します。

本人確認書類をアップロードする

zaif14

次にスマホなどで自分の本人確認書類(運転免許証やパスポート)を撮影し、アップロードします。

口座開設で不備が多いのは、この本人確認書類の提出時です。以下の点に注意をしてください。

  • 画像が鮮明で文字がはっきりと読めるか?
  • 本人確認書類の端が切れていないか?
  • 本人確認書類の期限は有効期限内か?
  • 住所を変更している場合、運転免許証の裏面も必要
  • パスポートは住所が記載されている面も必要

本人確認書類を正しくアップロードして、Zaifの口座開設の手続きは完了です。

入力内容や本人確認書類に不備がない場合は「本人確認が完了しました」とのメールが届き、数日後に転送不可の簡易書留にて「本人確認コード」が記載された手紙が到着します。

私の場合は、木曜日に会員登録と口座開設の手続き(本人確認書類UP)を行い、金曜日に「本人確認書類完了」のメールを受信、書類が届いたのが日曜日でした。

この通り申込→口座開設まで最短で3日程で完了します。なお、簡易書留は土日も配送されます。

「本人確認コード」を入力

zaif15

Zaifから送信された「本人確認書類完了」のメールに記載された、「本人確認コードアカウントページ」のリンクをクリックし、表示された本人確認コード入力画面にて、手紙に記載された本人確認コードを入力します。

Zaif「口座開設」完了!

zaif16

これにてZaifの口座開設の手続きが完了しました。あとは入金するだけで取引可能です。

Zaifの「信用取引」の口座を開設

zaif17

次にレバレッジを効かせて取引できるZaifの信用取引口座の開設をしてみます。

Zaifの信用取引は実際に投資する資金の最大7.7倍の仮想通貨の取引ができるもので、資金効率よく取引できるというメリットがある一方、その分リスクも高くなるので注意が必要です。

信用口座開設は簡単で、ログイン後の画面から「信用買い」のタブをクリック、「信用取引とリスク」の書面を確認し、チェックボックスにチェックを入れ「送信する」ボタンをクリックするだけで開設手続きが完了します。

レバレッジは1倍、2.5倍、5倍、7.77倍の中から選択することができます。

Zaifは手数料コストが低いこと、ビットコイン以外の通貨も多数取引でき、さらに信用取引も可能なことからオススメの仮想通貨取引所です。

ぜひ口座開設をして、余裕資金で取引をしてみてください。

【4月最新】金融庁に登録済の「仮想通貨取引所!」おすすめの取引所と手数料、取扱通貨一覧

2018.02.06